新着情報一覧


新着情報

会員向けに制振ダンパー実験研修会を実施しました。

2019.Jul. 25

7月24日(水)、新住協関東支部の研修会として開催した制振ダンパー実験について、埼玉県川口市で研修を実施しました。実験対象は、①筋交いのみ、②流通耐力壁のみ、③ダンパーのみ、④流通耐力壁と制振ダンパー、⑤構造用合板と制振ダンパーの5パターンです。今回の実験により、どの程度の荷重がかかると、どこが破損し、第二派の地震時にはどんな状態で地震をうけるかなど、実験を通じて学ぶ貴重な機会でした。

一般社団法人新住協では、全館冬暖かく、夏涼しく、そして、省エネ基準住宅より燃費が半分ですごせる住宅について、普及活動および技術の研究を主にしておりますが、関東支部ではそれに加えて、本当に満足する家のために、構造、設計力(普遍的なデザイン)の学びも大切にしています。多くのエリアで新住協会員がつくった家で、無理なく毎日幸せな日々を送り、かつ、化石燃料の使う量を減らすことで、自然と地球環境のためになる…そんな家を多く普及させたい思いで、研修会等を行っています。これから家を建てる人も是非、お問い合わせいただきたいのですが、専門家の中でもご興味のある方のお問い合わせもお待ちしております。


Q1.0住宅構造見学会を開催します@宇都宮市

2019.Jul. 7

ヨシダクラフト様のQ1.0住宅構造見学会が宇都宮で開催されます。
「225mmの付加断熱施工」が実際に見れる貴重な機会です。
ご興味のある方は、ヨシダクラフト様に直接、お問い合わせください。

■日付 令和元年7月27日(土),28日(日)
■時間 AM10:00~PM5:00
■場所 予約した方にお知らせします。(宇都宮市のグランドホテルの近く。駐車場あり。)
■お申込み 予約制 ①10:00   ②13:00  ③15:00 の3つの時間帯からお選びください。
■費用  無料
■詳細リンク先 ヨシダクラフト様 ブログページ


会員向けに現場見学等の研修会を実施しました。

2019.May. 15

2019年4月24日(水)、関東支部において研修会を実施しました。
今回は、大きく2つの研修内容です。

①会員による工事中の現場見学会
高崎市で多くの新住協仕様の実績のある株式会社アライ様の工事中の2現場の見学会を実施しました。気密フィルムの貼り方、断熱材の施工方法、窓の納まり、換気の納まりなどなど、新しい会員さんだけでなく、他地域で多くの実績のある会員さんにとっても勉強になる有意義な時間となりました。

②次世代省住宅ポイント勉強会
本年10月に実施予定の消費税引き上げに備えた、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対しての「次世代住宅ポイント」が創設されます。 どういった住宅が、どんな条件を満たせばポイントを受け取れるのかなど、業務直結する内容について、次世代住宅ポイントに必要な各種証明の審査・発行を行う、日本ERI株式会社様に講習していただきました。

燃費半分の家でつくる家をより高い性能で実現するために、今回のような現場見学は大切です。また、家を建てるにあたっての新しい法改正については非常に大切ですが、お互い同じ方向を向いている会員さんと一緒に勉強することで、色々な角度から議論できる大切な場ともなります。関東支部では、より良い家づくりのため、会員相互の情報交換を大切にしながら日々勉強しております。


施工例を更新しました。

2019.May. 6

新住協関東支部の会員による施工実績ページを更新しました。
施工事例ページ」をごらんください。


新住協で発行しています「高断熱」に関するマンガ本について

2019.Apr. 16

新住協で発行しております「新住協の冬暖かく夏涼しい―断熱リフォーム物語」および「新住協の快適で省エネ!!
高断熱住宅(新築編)」について、WEBでもPDFファイルで見ることができるようになりました。リフォームや新築で気になる断熱について、マンガで読むことができますので、是非一度ご覧ください。冊子も200円で販売しております。パソコンの画面でなく、手元でじっくり見たい方、お近くの会員さんや、このWEBにお気軽にお問合せください。

本の紹介


会員向けに地盤について研修会を実施しました。

2019.Mar. 4

2019年2月27日(水)、関東支部において研修会を実施しました。
今回は、大きく2つの研修内容です。

①会員の実績報告会
燃費半分の高気密高断熱仕様に、太陽光発電パネル下部の熱を床下蓄熱槽に取り込んで暖房に利用する家の施工状況報告。栃木県のラファエル設計さん担当です。太陽熱を利用して家を暖める取り組みです。

②構造講義
家づくりでは、構造設計が大事です。自社で構造設計する人もいれば、専門の構造設計者とパートナーを組んで設計する人もいます。どちらの場合でも、構造の知識が無ければ合理的でない、無理な家づくりを最初に計画してしまいます。今回の研修会では、地盤調査~基礎設計について専門家による講義をしていただき会員のスキルアップの機会としました。担当は、構造事務所の株式会社ソイルペディア様の地盤のプロである出頭様です。

燃費半分の家で地震に強い性能は当たり前に実現したうえで、デザインも良くて居心地も素晴らしい家を多くの新住協会員が実現していける道筋を関東支部では模索して考えております。


この「家」にしてよかった。Vol.3

2019.Feb. 15

”この「家」にしてよかった。Vol.3 エコハウスに住む人たちからのことば”が2月16日発売となり、全国書店や本の大手インターネット通販サイトで購入できます。Vol.1、Vol.2に続く第3段として、第41話~第60話まであり、すべて、住んでいる人の生の声が掲載されています。設計者や施工者の声でなく、Q1.0住宅という高気密高断熱住宅に住んだ本音の感想を読むことができる貴重な本です。Vol.3では、北は青森、南は広島や大阪という広範囲はエリアのため、冬のことだけでなく、夏のことも書かれております。ご興味ある方、是非、ご購入いただき読んでいただければと思います。 読みやすい本ですのであっという間に読めると思います。


ホームページに施工例を更新しました。

2018.Nov. 29

新住協関東支部の会員による施工実績ページを更新しました。
施工事例ページ」をごらんください。


ホームページ公開しました

2018.Nov. 22

新住協関東支部のホームページを公開いたしました。